So-net無料ブログ作成

NHK 朝ドラ マッサンのモデル竹鶴政孝とリタの生涯

NHKの朝ドラ『マッサン』はマッサンこと
亀山政春とリタ夫婦が力を合わせて
日本で初めて本格ウイスキー製造に
挑戦した、波乱万丈の物語です。

このドラマのモデルとなった
サントリーのウイスキー作りに
貢献し、ニッカウヰスキーを
立ち上げたマッサンこと竹鶴政孝。

マッサンとスコットランドで恋におち
結婚。遠い異国の地日本でマッサンを
ささえ続けたリタの生涯を紹介します。


スポンサードリンク




竹鶴政孝(マッサン)とリタ夫婦の生涯


マッサンこと竹鶴政孝は広島県の作り酒屋
竹鶴酒造の三男。

兄二人は、それぞれ自分の道に進んだため
竹鶴酒造を継ぐのはマッサンということに。

マッサンもその気で醸造科のある高校に
すすみます。

この高校時代にマッサンはウイスキーに
興味をもち、ウイスキーを製造していた
摂津酒造で半ば強引に働きだします。

ただ、当時の国産ウイスキーは
アルコールに味と色をつけただけという
いわゆるまがい物。

摂津酒造の社長安部喜兵衛は
本格的なウイスキーを製造するため
マッサンを本場スコットランドに
修行にだします。

当時、日本からスコットランドに
行くには、船で片道50日はかかるというもの。
そこで、何年も修行するのですから
費用も莫大なものがかかります。

しかし、その頃は第1次世界大戦特需で
日本は未曽有の好景気にわいていたので
摂津酒造にも資金はふんだんにあったという
背景があります。

スコットランドの大学に通い
ウイスキー作りの勉強に邁進するマッサン。
しかし、その姿は言葉の通じない異国にきて
孤独な青年という見方をされていました。

それを見かねた同じ大学に通うエラ・カウンが
自宅に招待します。

このエラこそリタの妹で
マッサンとリタを引き合わせた恋の
キューピットということになりますね。

カウン家を訪れたマッサンは
ウイスキーへの情熱や得意な柔道を
リタの弟ラムゼイに教えたりして
大いに歓迎されます。

その後、ラムゼイに柔道を教えるという
口実で、カウン家を頻繁に訪れ
やがて、リタと恋におちます。

そして、結婚

当初、この結婚には両家とも
大反対でしたが、二人の情熱と決意に
認められます。

スコットランドでの修行を終え
日本でウイスキー作りの夢をかなえようとする
マッサンですが、そこには大きな障害
ありました。

第1次大戦が終結し、日本は好景気から
一転、未曽有の不況に陥っていたのです。

ウイスキー作りには設備はもちろん
原酒を最低でも4年寝かしておかなければ
なりません。

とても、そんな余裕は摂津酒造には
なかったのです。

マッサンの本格ウイスキー作りは
頓挫
してしまいます。

そんな、マッサンに目をつけたのが
寿屋の鳥井信次郎。
サントリーの創業者ですね。

鳥井はウイスキーまがいの酒を製造して
儲けていましたが、赤玉ポートワインという
ワインに甘味料を加えた日本人好みの
製品を大ヒットさせていました。

資金が潤沢で目先のきく鳥井は
本格ウイスキーの製造に目をつけました。

鳥井から、本格ウイスキー作りの
責任者として寿屋で働かないかと
誘われたマッサンは、当初この誘いを
断っています。

やはり、スコットランド留学まで
させてくれた摂津酒造への恩があるためです。

しかし、摂津酒造にいても本格ウイスキー
作りは、いつになるか見当もつきません。

度重なる鳥井の誘いに、摂津酒造を退社して
しばらくの間、酒造業界から離れたあと
寿屋に入るということで決着します。

寿屋に入ったあと、遂に本格ウイスキーに
取りかかる
ことになります。

ここで、一応の結果を出すことになりますが
マッサンには大きな不満がありました。

品質に拘るマッサンに対して鳥井は
商売第一。
品質が悪くても売れればいい
という考え方です。

方向性の違いからマッサンは鳥井と
袂を別れ、自身の会社を興すことに。

それがニッカウイスキーです。

このニッカウイスキーで初めて
理想とするウイスキーに
取り組めることになったマッサンですが

相当な期間、赤字経営が続いたようです。
なにせ、原酒を最低4年間は寝かせなければ
いいウイスキーは出来ないということ
ですからね。

しかし、その品質が評価され
ニッカウイスキーは一流ウイスキーメーカー
地位を確立していくことになります。

この、マッサンの夢の実現にはリタの
存在が大きいようです。

晩年、マッサンは述懐しています。
自分が、成功しなければスコットランドにいる
リタの家族に顔向けできないと。

マッサンとリタが結婚するさい
リタの妹エラが大反対しました。
「辺境の日本で成功する当てもない男と
結婚するなんて信じられない」

ウイスキーへの情熱もありましたが
愛するリタを幸せにしなければという
使命感も大きかったのではないでしょうか。

もちろん、リタにはそれほどまでに
愛されるべき人だったということは
言うまでもありません。

全記事一覧はコチラから

スポンサードリンク




スポンサードリンク


2014-10-01 | 共通テーマ:テレビ | nice!(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © マッサンのネタバレ・あらすじ・キャストを最終回まで All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。